スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<幻のパン>ワラビーパンが復活 小学生の市長へのメールきっかけに(毎日新聞)

 埼玉県蕨市の知的障害者授産施設「レインボー松原」が6日、市のマスコット・ワラビーをかたどったパンを売り出した。市内の給食に昨年1度だけ登場したかわいらしさを忘れられない小学生が「もう一度ワラビーパンを食べたい」と、頼高英雄市長に送った電子メールをきっかけに、“幻のパン”が復活した。

 ワラビーパンは昨年11月、市制50周年記念で小学校の給食で出された。大きな耳やかわいい形が子どもたちに好評だった。しかし、1個176円するため、1度だけの登場となった。

 今年1月末、小学5年の男児から「ワラビーパンの発売予定はありますか。ぜひもう一度お願いします」というメールが頼高市長に届いた。予算の確保に悩む市に、「ぜひ作らせて」と申し出たのが、「レインボー松原」。複数の施設が参加する社会福祉センターまつりで復活に挑戦した。

 施設は、10~50代の障害者約40人が通い、自立に向け訓練している。パン工房では13人が1日5人ずつ交代で働く。クロワッサン、メロンパンなど1日約10種類のパンを300個ほど製造。市役所や公民館、事業所など10カ所で出張販売している。

 パン工房は今年2月からワラビーパンの試作に着手。試行錯誤しながら、薄く伸ばしたパン生地を何枚も重ねて焼くデニッシュを完成させた。ほんのり甘く、さくさくとした食感が特徴の自信作が完成した。

 まつりでは1個100円で、300個が店頭に並んだ。来店者の多くが「あっ、ワラビーパンだ」と言いながら買い求めていた。5、6個まとめ買いする人もいて数時間で完売した。

 職員の浅野和寿年さん(39)は「給食に出すには大量に生産するための設備や作業工程などで課題は多い。でも、施設の利用者の自信にもなるので、いつかは給食に出せれば」と話した。【鴇沢哲雄】

【関連ニュース】
<関連記事>米粉パン:ふっくら焼きます 小麦アレルギーの人も大丈夫--食品総合研究所
<写真特集>全国各地のご当地バーガー
<写真特集>たい焼き:私、“モチ肌”と“中身”が魅力です!
<写真特集>パンには牛乳 乳製品展示会、うどんも登場
<写真特集>パイ風のチキン南蛮も 和洋中オリジナル24種類

両親? 暴行し死なせる=殺人未遂容疑で42歳男逮捕―警視庁(時事通信)
福井・竜脚類恐竜に学名 国内産の化石では4件目(産経新聞)
<大野市長選>岡田氏が再選 福井(毎日新聞)
屋久島の登山道が復旧=1月のがけ崩れで通行止め―鹿児島(時事通信)
国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線(産経新聞)
スポンサーサイト

25年の地域介護のビジョンを説明―田中慶大教授(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の地域包括ケア研究会の「地域包括ケアシステムに関する検討部会」で座長を務めた慶大大学院経営管理研究科の田中滋教授は5月30日、東京都内で開かれた全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会の記念シンポジウムで講演し、団塊の世代が75歳以上になる2025年の介護の姿を見据えたビジョン「地域包括ケアシステム」について説明した。

【複数の写真が入った記事】


 田中教授は地域包括ケアシステムについて、約30分以内の日常生活圏域内で医療や介護などのサービスが一体的に提供される体制と説明。地域全体が高齢者へのサービス提供の場となるほか、高齢者自身が地域社会に貢献するとした。また、医療・介護人材については、施設単位ではなく、地域の中で一定の人員が確保されるべきとした。
 また田中教授は、地域包括ケアでの介護保険施設は「機能で類型化される」と指摘。その上で、「唯一、施設として呼べるのは老健だけ」として、「住みか」である特別養護老人ホーム(特養)へはサービスが外付けで提供されるとした。また、訪問や通所など複数の介護サービスを地域で一体的に提供する複合型事業者の必要性を強調した。
 さらに、現在の地域包括支援センターについて、「最大の欠点は“介護予防センター”になっていること」と批判。地域包括ケアシステムでは、センターから介護予防の業務を分離し、地域でのマネジメント業務に注力すべきとした。

■特養への入所申し込みは「一応」?
 田中教授はこのほか、42万人余りに上る特養待機者の問題に言及。待機者に「順番が来た」と連絡しても、「『はい、分かりました。入ります』という人はまずいない。何十人かに電話しないと入らない」との自治体担当者の声を紹介し、待機者の数が膨らんでいる背景には、「不安感で一応届け出ている」ことが影響しているとの見方を示した。

■在宅継続には「包括報酬」―小規模多機能連絡会・川原代表
 続いてシンポジウムでは、全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会の川原秀夫代表が、小規模多機能の整備をめぐる現状などを説明。一事業所当たりの利用者数が増加傾向にある一方で、最近1年間の事業所増が300か所余りにとどまっていると指摘した。また、市町村によって整備状況に差があるほか、希望者が地域で利用できない状況も生まれているなどとして、「小規模多機能が今、岐路に立っている」との認識を示した。
 また、「出来高払い(報酬)だと緊急の場合に対応できない」と述べ、在宅での暮らしを継続するためには、包括報酬であることが重要と指摘。小規模多機能は包括報酬が採用されていることから、「小規模多機能が果たす役割はこれから大きくなる」と強調した。


【関連記事】
地域ケア研究会報告、「施設解体」と懸念―全国老施協・中田会長
2025年、地域で高齢者支える仕組みを―田中慶大教授
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長
地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議
地域包括ケアの論点整理で報告書-厚労省

<普天間移設>28日に3党首会談 日米声明に先立ち(毎日新聞)
タクシー燃え、車内に遺体=神奈川県藤沢市の路上(時事通信)
衆院厚労委員長、藤村修氏が辞意(産経新聞)
首相、小沢氏と再会談へ=政権運営で対応協議(時事通信)
郵政改革法案 「良識を回復」…衆院通過で亀井氏(毎日新聞)
プロフィール

ミスターこうぞうやくわ

Author:ミスターこうぞうやくわ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。