スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<追突>トラックが横転の乗用車に 2人死傷 山口・山陽道(毎日新聞)

 28日午前4時半ごろ、山口県周南市上村の山陽自動車道上り線で、自損事故で横転した普通乗用車に、後続の大型トラック(13トン)が追突し、乗用車の男性が死亡、同乗の女性が意識不明の重体になった。山口県警はトラックを運転していた熊本市植木町内、運転手、門岡美治容疑者(56)を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。

 高速道路交通警察隊によると、死亡したのは宮崎県延岡市中川原町3、宗教団体職員、森信夫さん(59)、重体の女性は妻亮子さん(62)。現場は金剛山トンネル入り口手前で、片側2車線のほぼ直線。森さんの乗用車が何らかの原因で中央分離帯に接触し、走行車線に横転。数分後、門岡容疑者のトラックに追突され、約70メートル前方に押し出された。森さん夫妻は横転後、車内に取り残されたままだったとみられる。

 門岡容疑者は「(横転した車に)気が付くのが遅れた」と容疑を認めているという。今後、容疑を同過失致死に切り替える方針。

 この事故で山陽自動車道の徳山西インターチェンジ(IC)-徳山東IC間が午前4時47分から約3時間半、通行止めになった。【中尾祐児】

【関連ニュース】
交通事故:パトカーが追突 2人死亡1人軽傷 新潟
3人死亡ひき逃げ:同乗者の男3人を不起訴に 名古屋地検
飲酒運転:都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か
ひき逃げ容疑:100メートル引きずり、はねる 女逮捕
DNA誤登録:採取時、記名せず…神奈川県警

東九州道工事、橋にひび割れ=取り壊し再建造へ-宮崎(時事通信)
「若手を総裁・幹事長に」自民・与謝野氏(読売新聞)
<JR福知山線事故>検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁(毎日新聞)
普天間 民主・喜納氏「県内なら総辞職を」 首相なお県外に意欲(産経新聞)
救急搬送 ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
スポンサーサイト

<家賃100円>1DK1カ月限定で 大阪・千林商店街企画(毎日新聞)

 大阪市旭区千林の「千林商店街」にある不動産会社「泉ビル」が、最初の1カ月分の家賃を100円にした賃貸マンションの契約を4月3日に受け付ける。大阪商工会議所が推進する、各店舗が目玉商品を100円で販売する「せんばやし100円商店街」の目玉企画として発案した。

 対象の物件は、市営地下鉄谷町線の駅から徒歩5分以内にあるマンション3棟で、ワンルームから1DKまで計12戸。正規家賃の月額3万~5万円が2カ月目以降に必要になる。完成後30年程度が経過している。1年以上の入居が条件。

 「100円商店街」は4月3日午前10時~午後5時の1日だけのイベント。衣料品や食品、理髪店なども100円で利用できる。隣接する大阪府守口市に大型商業施設が開業し、同商店街の客足は鈍っているが、泉ビルは「商店街を盛り上げるためにも一肌脱いだ」と意気込む。【清水直樹】

【関連ニュース】
かみおか100円商店街:50店舗、「お値打ち品」並べ 飛騨・神岡で27日 /岐阜

<外壁材落下>重さ4キロ、強風で? 北九州市の高架橋(毎日新聞)
<強風>壊れた屋根直撃、47歳女性が死亡…北九州の駐車場(毎日新聞)
【弔い最新事情 墓はどこに】(中)形態多様化 思いは不変(産経新聞)
バイオラバー販売会社に罰金=「がんに効果」、薬事法違反-京都簡裁(時事通信)
<赤旗配布事件>元厚労課長補佐の控訴審結審(毎日新聞)

コンビニ店長、路上で売上金63万奪われる(読売新聞)

 23日午前9時40分頃、広島県福山市三之丸町の路上で、近くのコンビニエンスストアの男性店長(54)から、「後ろから自転車で来た男に売上金63万円が入ったビニール袋を奪われた」と110番があった。

 店長にけがはなかった。県警は窃盗容疑で調べている。

 発表によると、店長が歩いていたところ、後ろから肩を突かれてバッグを落とし、中から飛び出した現金入りのビニール袋を奪われたという。

 男は、身長約1メートル75で、茶髪に黒い長袖シャツとジーンズ姿だったという。現場はJR福山駅すぐ南側にある駐車場近く。

知事あてに薬きょう郵送=朝鮮学校の扱いで批判文書も-兵庫(時事通信)
強風で交通ダイヤが大荒れ 都内ではけが人も(産経新聞)
<火災>住宅全焼、遺体見つかる 山林も延焼 東京・八王子(毎日新聞)
<強盗容疑>都立高教諭を逮捕 顔殴りバッグ奪う(毎日新聞)
「元の木阿弥」の政権交代 「利益誘導」型へ逆戻り(産経新聞)

<百五銀行>ATM一時使用不能に(毎日新聞)

 19日午前9時40分ごろ、百五銀行(本店・津市)でシステム障害が起き、営業店舗のATM(現金自動受払機)などすべての端末機が使えなくなった。

 同行広報IR課によると、障害が起きたのは三重、愛知、和歌山県などにある計125店舗のATMと窓口端末。ショッピングセンターなど店外180カ所に設置しているATMも現金の引き出しや入金、振り込みができなくなった。午前11時過ぎから徐々に復旧し、正午ごろまでにほとんどのATMが使用できるようになったという。【田中功一】

【関連ニュース】
野村総合研究所システムエンジニア・八代夕紀子さん

<掘り出しニュース>勝沼のワイナリー、カルシウム2倍以上のワイン完成 「あわびの煮貝」殻をブドウ畑に (毎日新聞)
<トキ>2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待(毎日新聞)
プラグを抜かずにムダな待機電力をカットする「こまめにスイッチ」新発売
<小林陣営献金>裏口座通帳に入金記録…北教組側資金か(毎日新聞)
26万人に影響、60本が運休 122本に遅れ 架線トラブル(産経新聞)

首相動静(3月16日)(時事通信)

 午前7時51分、公邸発。「米軍普天間飛行場の移設問題について、一部報道で首相が鹿児島県の徳之島を本格的に検討するよう指示したとあるが」に「指示を出したとか、そういう推定の域を決して出ていない、事実ではない報道だと言うことだけは申し上げておく」。同52分、国会着。同53分、院内大臣室へ。同54分、菅直人副総理兼財務相、千葉景子法相、長妻昭厚生労働相、平野博文官房長官、仙谷由人国家戦略担当相、細川律夫厚労副大臣、松井孝治官房副長官が入った。(了)

<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆(毎日新聞)
診療所の再診料、年27万円減少―2点引き下げで保団連(医療介護CBニュース)
農薬工場の廃液タンクが爆発=従業員駐車場の車を直撃-静岡(時事通信)
救えなかった命…無念抱え 長崎屋火災から20年、元救助隊長が定年(産経新聞)
<日米密約>横須賀市議会が非核三原則順守の意見書案可決(毎日新聞)

愛子さま、3学期最後の行事に出席(読売新聞)

 学校生活への不安を訴え、十分登校できない状況が続いている皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)が16日、学習院初等科(東京都新宿区)で行われた3学期最後の行事に出席された。

 宮内庁によると、愛子さまは皇太子妃雅子さまに付き添われて登校、「修了式」後に行われた学級指導の授業に雅子さまに付き添われ出席されたという。

 愛子さまは、2月下旬から風邪などの症状で休み、その後不安を訴えて、登校できない状況になった。3月8~11日は雅子さまが付き添い1時限だけ授業を受けられていた。アフリカ訪問から15日に帰国した皇太子さまは、17日に御所を訪問、天皇、皇后両陛下に帰国のあいさつをされる予定。

<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
<神奈川歯科大>補助金75%減額 巨額投資巡る詐欺事件で(毎日新聞)
高校無償化法案が衆院可決へ 川端文科相が朝鮮学校の適用除外を示唆(産経新聞)
事前面接の解禁見送りを正式決定、派遣法改正案(産経新聞)
<猫虐待>容疑で家宅捜索…引き取り後、6匹死ぬ 愛知県警(毎日新聞)

芭蕉の句は「氷の僧」か「こもりの僧」か (産経新聞)

 【麗し大和・記者の裏話】(11)

 3月7日の「【麗し大和】(10)お水取り」で、芭蕉の句「水とりや氷の僧の沓の音」を紹介したら、「こもりの僧」ではないか、との問い合わせの電話やはがきをいただいた。中には詳しい番地が書いていないはがきもあり、お答えすることができないので、ここで少し説明をさせていただくことにする。

      ◇

 芭蕉は生涯に5回、奈良を訪れている。初めて奈良を訪れたのは貞享2(1685)年2月のこと。それをまとめたのが「野ざらし紀行」だ。

 そのなかに、「二月堂に籠(こもり)て」とあり、「水とりや」の歌が詠まれる。ところが現在、「氷の僧」とするものと、「こもりの僧」とするもの、2種類の形が伝えられていて、混乱が生じている。今回、「こもりの僧ではないか」との問い合わせをいただいたのはそういうことだった。

 実は取材するなかで、圧倒的に(パンフレットや展示パネルなどでも)「こもりの僧」としているのが多かったのは事実である。ただ、和歌や俳句の場合、漢字やおくりがななど参照する書物によって表記がまちまちなのはよくあることで、いつも複数の解説書や現代語訳を含めて目を通し、確かめることにしている。で、今回も調べたところ、「氷」と「こもり」の2種類あることに気が付いた。

 結論としては、「氷の僧」が正しいと考えざるを得ない。「大和路の芭蕉遺蹟」(増田晴天楼著、奈良新聞社)の説明がわかりやすかったので、かいつまんで引用させていただく。(記者による補完あり)

 「氷の僧」の出典は、「甲子吟行」(野ざらし紀行)と「芭蕉庵小文庫」(元禄9、1696年)。「甲子吟行」は芭蕉の真筆とされているし、いずれにもはっきりと漢字で「氷の僧」と書かれていて、疑う余地はないのではないか。かなで「こおり」ならば、「こもり」と間違うこともあり得るかもしれないが…。

 「こもりの僧」の出典は、江戸中期の俳人、蝶夢の「芭蕉翁絵詞伝」(寛政5、1793年)と「芭蕉発句集」(安永3、1774年)で、いずれも芭蕉(1644~1694)没後100年ほど経過して書かれたもの。「氷の僧」では意味が通りにくいと考えた蝶夢が、「こもりの僧」と書き換えたのではないかとみられる。

 以上の検証をもとに、これまでもさまざまな研究者の意見があり、「こもりの僧」とするほうが、作品として優れているという意見もあるようだ。

 また、芭蕉が二月堂で、「こもりの僧」を「氷の僧」と聞き違え、極寒のなかで参籠する様子を見たこともあっておもしろい表現だと思い「氷の僧」とした…と想像をふくらませる解釈もあった。詳細は「大和路の」をご参照ください。

 というわけで、「氷の僧」が正しいと記者は判断している。ただ、「こもりの僧」とする句があまりにも普及したため、また意味が通りやすいこともあって、いまも「こもり」と表記されることも多いようだ。個人的には「氷の僧」の方がいかにも寒々しいなか、石畳に張った氷を踏みしめ参籠する練行衆の姿をみごとに表現しているように思えて、好きである。(山上直子)

【関連記事】
聖なる舞台「お水取り」 東大寺
漆黒の聖女に癒やされて 中宮寺の菩薩半跏像
平城京遷都は急がなくていい? 女帝がしぶったワケ
橘三千代の“平城京シンデレラストーリー”
阿修羅さまは休暇中 「興福寺国宝館」がリニューアル閉館中
20年後、日本はありますか?

警視庁捜査1課長を更迭 「私的な不適切行為があった」(産経新聞)
汚染土壌の無害化は可能=豊洲市場予定地の実験で報告-東京都(時事通信)
「船長を逮捕するため侵入した」、SSのベスーン容疑者が供述(産経新聞)
非核三原則の堅持強調=岡田外相(時事通信)
<融資金詐欺>コシ社長に実刑 東京地裁判決(毎日新聞)

ウィーン少年合唱団で性的虐待か(スポーツ報知)

 世界的に有名なウィーン少年合唱団で12日、指導的立場の職員や年長の団員らによる性的虐待疑惑が浮上、同合唱団は過去に性的虐待が行われた可能性があるとして調査を行うことを明らかにした。同日、オーストリアのスタンダード紙が伝えた。同紙では、1960年~80年代に在籍した元団員が性的虐待を受けたなどとする証言を掲載している。「天使の歌声」とも言われる合唱団で何があったのか…。

 スタンダード紙に衝撃の告白が掲載された。同紙によると、ベルリン在住の元団員の医師(33)は10歳の時の米国公演の際に、年長の団員から性的行為を強要されたという。また、年長の監督者から目の前でシャワーで性器を洗うよう命令されたこともあるとする証言も紹介している。ほかの団員も同様の被害に遭ったといい、元団員は「屈辱で食事ができなくなり、退団した」と述べている。

 ミュンヘン在住の51歳の心理学者の元団員も“過去”を告白。バスで移動中に年長の団員から、約1時間にわたり太ももに手をおくよう強制されたとしている。

 合唱団は少年に対する性的虐待疑惑について「調査する」とした声明を発表。「何十年も前の主張について、具体的に言及することはできないが、(性的虐待が)起こっていた可能性はある」と認め、元団員に対し「名前、日時、関連したことなどを情報提供してほしい」と呼びかけている。現在の合唱団は「教育学に基づいた適切な指導が行われている」とし、性的虐待などはないと強調した。

 「天使の歌声」とも言われ、日本でも人気のウィーン少年合唱団は、1498年に創設されたハプスブルク王家ゆかりの少年聖歌隊がルーツ。ウィーン北部の敷地内には、幼稚園、小学校、日本の中学校にあたるギムナジウムの下級校(5~8年)があり、合唱団はギムナジウムの中から選抜される。10歳から14歳の少年約100人が在籍し、オーストリア出身がほとんどだが、日本人も数人いる。

 「声変わりすれば退団」などの厳しい規則、親元を離れる寮生活をするため、近年では入団希望者が減少傾向。年間300以上の公演の収益と寄付で同団体は運営されている。


 【関連記事】
ウィーン少年合唱団で団員に性的虐待疑惑
ウィーン少年合唱団 性的虐待 オーストリア を調べる

堀江被告 三味線など差し押さえ「何でこんなことに」 (毎日新聞)
中国人学生が線路に転落、列車通過も無事 東京・上野駅(産経新聞)
「たまたま死ななかっただけ」腎臓摘出した被害者の女性 秋葉原殺傷(産経新聞)
JAYWALKのボーカルを逮捕  路上で覚醒剤所持の疑い(産経新聞)
「北陸」と「能登」にお別れ、「撮り鉄」集合(読売新聞)

調味料 石垣島ラー油や卵専用しょうゆ人気 「内食」影響(毎日新聞)

 ラー油、しょうゆ、バジルソース……。長引く不況などで、自宅で食事をする「内食」が増え、調味料が変わってきた。手軽な節約料理がはやる背景は。【松本光央、中山裕司】

 東京・銀座にある沖縄のアンテナショップ「銀座わしたショップ」には毎月1回、行列ができる。目当ては幻のラー油とも呼ばれる「石垣島ラー油」(100ミリリットル、892円)が買える整理券だ。毎月10日に200個限定で販売し、先月も84人の行列ができた。

 ラー油は石垣島の辺銀(ぺんぎん)食堂が石垣島唐辛子やニンニクなどから製造。ご飯にかけるだけの「石ラーごはん」も評判だ。数年前から買っているという埼玉県熊谷市の主婦(67)は午前5時過ぎに自宅を出た。「味が深いというか、このおいしさは食べていない人には分からない」と話す。1月も購入した横浜市の無職男性(65)は「1人1個限定で貴重なので、先月買った分は食べていない」という。

 桃屋が昨夏発売した「辛そうで辛くない少し辛いラー油」(オープン価格)も発売2カ月で品薄となり、増産体制をとる。揚げニンニクや揚げタマネギを入れた具だくさんで、ユニークな商品名と相まって「ラー油だけでご飯を食べられる」と人気に火がついた。

 こだわりしょうゆも売れている。第三セクター「吉田ふるさと村」(島根県雲南市)が02年に売り出した卵かけご飯専用しょうゆ「おたまはん」(315円)は、カツオだしとみりんで卵のうまみを引き出す。販売数は210万本を超えた。

 洋食用ソースも好調だ。キユーピーが06年から売り出した「イタリアンテ」はパスタや冷菜、魚料理にかけるソース14種をそろえ、簡単に本格的な料理ができるとあって、08年度は前年度の174%の売り上げとなった。同社は「結婚記念日などハレの日に、家で気楽にイタリアンを楽しめる」という。

 日本フードサービス協会の外食産業市場動向調査では、昨年の売上高は前年比1・5%減と6年ぶりに減少に転じた。外食の低価格化に加え、内食が増えたことを裏付ける。

 節約料理本も登場した。火を使わずに2工程で1食約30円で調理する方法を盛り込んだ「おとなのねこまんま」は1年間で25万部売れた。編集した「アース・スターエンターテイメント」(東京都渋谷区)宣伝部は「誰もが一度は食べたことのあるねこまんまへの懐かしさも話題を呼んだと思う」と言う。

 料理研究家の栗原はるみさんは「『弁当男子』の現象があるように、料理の楽しさを多くの人が分かってきたのでは。背景には食の安全と不況、家族の復権がある。和食は健康食で、四季を通じて食材が豊富で英国や米国、ドイツでも人気。簡単レシピの本を入門編として活用し、その後にいろんな料理を覚えてくれるといいですね」と話した。

【関連ニュース】
プロの技:「ジーテン」吉田勝彦さん 中華風ご飯
BOOK:『春夏秋冬 土鍋でごはん』=小西雅子・著
食べたい:かめきちパパの毎日ごはん あまった鶏の空揚げでカレー鍋
食べたい:かめきちパパの毎日ごはん ホタテと絹さやのバターしょうゆ炒め
食べたい:かめきちパパの毎日ごはん 家族で簡単クッキー

アカデミー賞 イルカ漁隠し撮りされた太地町「事実誤認、怒り覚える」(産経新聞)
有機物で新たな超伝導体=最高温度で電気抵抗ゼロ発現-岡山大(時事通信)
<阿久根市長>毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否(毎日新聞)
<掘り出しニュース>スリッパ卓球、100人がラリー(毎日新聞)
「脊髄切れて足の感覚ない」「痺れも残る」…秋葉原連続殺傷、赤裸々に語る被害者(産経新聞)

耐震偽装物件新たに5件(産経新聞)

 「藤建事務所」(埼玉県八潮市)の遠藤孝・1級建築士が横浜市内のマンションの構造計算書を偽造していた問題で、国土交通省は8日、同事務所が関与した全104物件の調査結果を公表した。神奈川県や千葉県内で新たに計5件の構造計算書偽造が確認された。この5件に耐震強度不足はなかった。国交省は近く建築士法に基づき、遠藤建築士を処分する方針。

チリが被害を抑えた理由は 建築に厳格な耐震基準 徹底した防災教育実施(産経新聞)
<日比谷線>事故から10年 関係者が冥福祈る(毎日新聞)
首相動静(3月5日)(時事通信)
<仮処分申し立て>記者会見出席拒まれたジャーナリストが(毎日新聞)
首相動静(3月6日)(時事通信)

予算案、今夜衆院通過へ=委員会で可決(時事通信)

 2010年度予算案は2日昼、衆院予算委員会で、与党3党の賛成多数で可決された。同予算案は同日夜、衆院本会議でも可決、参院に送付される運びだ。憲法の規定で、参院送付後30日以内に議決されない場合は衆院の議決が優先されて自然成立するため、年度内成立が確定する。
 衆院予算委は2日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して、締めくくり質疑を行った後、予算案を採決。これに先立ち、自民、共産両党は予算案の組み替え動議をそれぞれ提出したが、与党の反対多数で否決された。 

【関連ニュース】
予算案、2日に衆院通過=税制など関連法案も
予算委分科会は欠席=集中審議出席の方針
自民が審議復帰=議長不信任案など否決
自民、審議拒否続ける=駆け引き活発化
民主、小沢氏ら招致に応ぜず=自民、審議拒否で対抗

首相、朝鮮学校生徒との面会に意欲 高校無償化で(産経新聞)
iPS細胞センター、研究所に=スタッフ120人、来月発足-京大(時事通信)
「憂慮すべき事態」=愛子さま欠席に学習院(時事通信)
<福岡県町村会汚職>「被害者は私だ」贈賄罪で起訴の山本・添田町長が会見 居直りに怒りと困惑(毎日新聞)
福岡の神社改修めぐり脅迫 山口組本部を捜索 大阪府警(産経新聞)

立松和平さんを偲ぶ会 27日に青山葬儀所で(産経新聞)

 故立松和平氏(作家)を偲ぶ会 27日午後2時、東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。実行委員会代表は作家の北方謙三氏。

【関連記事】
作家の立松和平さん急死で惜しむ声「早すぎる…」
久米宏氏、立松氏死去に「あの声、調子を思い出す」
根岸吉太郎監督、立松氏死去に「誠実で男気のある方だった」
高橋伴明監督、立松氏死去に「いつもニコニコと笑顔で菩薩のような人」
作家、立松和平氏が死去 「遠雷」「毒-風聞・田中正造」など
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

食事与えず4歳児死亡…両親逮捕、虐待の疑いも(読売新聞)
【ときどき カム・アラウンド】運動部長・正木利和 国境なき五輪が残したもの(産経新聞)
「小沢幹事長は5月辞任」と大胆予想 中田氏(産経新聞)
差し入れ制限規定は違法=二審も国に賠償命じる-福岡高裁(時事通信)
「のぞみ」異臭・白煙1時間…床下で大きな音(読売新聞)

青森~宮城で3メートル級大津波か 午後1時以降、太平洋沿岸でも恐れ(産経新聞)

 チリの大地震で気象庁は28日午前9時34分、青森県から宮城県にかけての三陸沿岸に、高い所で3メートルの津波の恐れがあるとして、大津波警報を出した。その他の太平洋沿岸全域は津波警報を出した。

  [地図で見る]日本にも影響大! 津波到達予想図

 気象庁によると、大津波警報が発表されるのは平成5年の北海道南西沖地震以来17年ぶり。

 気象庁は、潮の満ち引きや地形によっては予測よりも高い波がくる可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

 各地域の津波の到達時間は次の通り。

 【28日午後1時】北海道太平洋沿岸▽伊豆・小笠原諸島

 【午後1時半】オホーツク海沿岸▽東北地方太平洋沿岸▽関東地方

 【午後2時】東海地方

 【午後2時半】北海道日本海沿岸▽東北地方日本海沿岸▽近畿四国太平洋沿岸▽薩南諸島▽沖縄県地方

 【午後3時】九州地方東部

 【午後3時半】九州地方西部

 【午後4時】瀬戸内海沿岸

【関連記事】
太平洋沿岸に1~3メートルの津波の恐れ チリ大地震
ハワイに津波到達 高さ1・5メートル チリ大地震
消防庁、津波対応の連絡態勢確保を都道府県に通知
50年前に被害の東北・三陸沿岸 津波被害への警戒強める チリ大地震
首都サンティアゴは大規模停電 邦人約3千人の安否確認急ぐ チリ大地震

差し入れ制限規定は違法=二審も国に賠償命じる-福岡高裁(時事通信)
感染経路は特定できず=愛知の鳥インフル(時事通信)
【東京マラソン2010】石原都知事に「来年走りますか?」(レスポンス)
沿岸住民に避難勧告、指示 大津波警報発表で太平洋沿岸の自治体(産経新聞)
「信頼回復にはまだ時間」 直嶋経産相がトヨタのリコール問題で(産経新聞)

津波、川を1キロ遡上=湾内では高低差-宮城三陸沿岸・秋田大調査(時事通信)

 チリ地震による津波で、大津波警報が出された宮城県・三陸沿岸部で、津波が川を1キロ以上遡上していたことが3日までに、秋田大学の高橋智幸准教授(津波防災)らの調査で分かった。高橋准教授は「川により津波の被害が拡大する危険性がある」として、調査結果を津波予測やハザードマップ(災害予測図)に反映させたいとしている。また、湾内でも入り口と奥部で津波の到達値に差があることも確認された。
 高橋准教授らは同県気仙沼、女川両市で津波の高さと陸上への浸水距離を調査。気仙沼湾に注ぎ込む大川では、残留物と住民の聞き込みから津波が1.04キロ遡上していたことが確認された。陸上でも岸壁を越えた津波が約200メートル奥まで押し寄せていた。
 津波の高さも、気仙沼湾入り口が約0.7メートルなのに対し、湾の奥は約1.5メートルだった。
 高橋准教授は「川の遡上距離が長いのは陸上に比べ摩擦が少ないため。湾内で高低差があるのは地形が複雑で、奥に行くほどエネルギーがたまりやすいことが原因」と分析。「同じ地域でも津波の高さが異なることを知り、避難してほしい」と話している。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「大津波警報」
半数が最大波前に帰宅=最初の津波到達後に
津波警報、在り方見直し=中井防災担当相
津波警報、注意報すべて解除=25時間ぶり、海面変動は続く
津波被害、適切に補償=漁港や水産施設を調査

福岡県町村会裏金、広がる接待汚染…新たに3人(読売新聞)
世界遺産の城跡、一部崩壊=地震の影響で-沖縄・うるま(時事通信)
米子強盗殺人事件 論告要旨(産経新聞)
市橋被告の整形逃走→警察庁が美容外科と協定(読売新聞)
アグネスさん ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使(毎日新聞)

NCの借入金債務、独法化後に3割を承継(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月26日、今年4月から独立行政法人に移行する「国立高度専門医療センター」(NC)6施設の借入金債務約1732億円のうち、約3割に当たる総額約524億円をNCが独法化後に承継することを明らかにした。

 この日に開かれた独立行政法人評価委員会の高度専門医療研究部会で報告した。

 厚労省によると、「国立高度専門医療センター」の独法化に伴い、予算や会計制度などにも変更が生じる。具体的には、各センターの借入金債務のうち、▽研究所など本来は一般会計で整備すべき資産に係る債務▽医療機器など償却済み資産に係る債務▽鑑定評価後の資産価値を上回る負債に係る債務-の約1208億円については、「一般会計承継債務」として国が引き継ぎ、残りの約524億円をセンター側が引き継ぐ。
 6施設の承継債務の内訳は、国立がん研究センターが171億円、国立循環器病研究センターが22億円、国立精神・神経医療研究センターが34億円、国立国際医療研究センターが186億円、国立成育医療研究センターが102億円、国立長寿医療研究センターが9億円。


【関連記事】
ナショナルセンター独法化で中期目標などを議論
「国立高度専門医療センター」が独法化へ
高度専門医療、「儲かる医療だけではない」
国立高度専門医療センター改革案を提示―独立行政法人ガバナンス検討チーム
成育医療センターの総合周産期センター指定も

小倉秀夫
ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」 岩手・大船渡(産経新聞)
生活保護費詐取容疑で占師逮捕=テレビ出演で発覚-大阪府警(時事通信)
レセプト電子化の問題解決「強く訴えていくべき」-日医委員会(医療介護CBニュース)
JR北海道 新幹線に貨物車丸ごと搭載…研究車両公開(毎日新聞)

市民と専門学校生が「町の魅力紹介マップ」作成(産経新聞)

 大阪市西区の住民と専門学校の学生が力を合わせ、町の歴史や散策スポットなどを紹介するマップ「西区の魅力★掘り起こし」を作成した。「地下鉄マル秘情報」や「行列のできる名店」、「虫博士のインタビュー」など、随所に学生らしい情報が盛り込まれ、初めて西区を訪れる人でも町歩きが楽しめるように仕上がっている。

 区内の14連合振興町会で構成する「西区未来わがまち会議」が、地域の顔見知りを増やすため、町の魅力を再発見する地図を作ろうと企画。「どうせなら若い人たちの感性を生かしたい」と昨年4月、区内にある「ホスピタリティツーリズム専門学校大阪」に協力を依頼。鉄道サービス科の学生約50人が卒業制作の一環として取り組んだ。

 マップは「本田・千代崎・九条東」や「江戸堀・西船場・靭(うつぼ)」など5つのエリアに分けて、学生たちが地域を歩いて、地元のお年寄りや郷土史家らにも取材。写真撮影や記事の作成にあたった。

 マップでは三菱の創始者、岩崎弥太郎ゆかりで、三菱のマークが目につく土佐稲荷(いなり)神社を「三菱製神社?」と紹介したり、鉄工所跡を利用したイベントスペースなど、学生ならではの視点で発見したユニークな散策スポットを掲載している。

 折りたたみのA3判で、各3千部発行。3月上旬に西区役所と各連合会館のほか、区内の駅やマンションなどに配布する予定。

 九条エリアのマップを編集した松下直路さん(20)は「取材を通して面白い場所をたくさん知ることができました」。同会議座長の尾松正章さん(56)は「町の中に埋もれているものを掘り起こし、地域の活動に役立てたい。この地図を見て、いい町だなあと思ってもらえたらうれしい」と話した。

【関連記事】
富山と岐阜飛騨の観光業者が「観光圏」申請 年330万人目指す
桜開花予想、的中はどこ? 民間3事業者、独自に発表
“二度づけ禁止”串カツ店進出で「北新地」庶民化加速!?
「Google Buzz」で本名や居場所がばれる? ネットで騒動に
「鳴門うどん」全国区に 観光協会がPR

<長崎知事選大敗>「政治とカネ」影響 閣僚から発言相次ぐ(毎日新聞)
太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ(産経新聞)
日医、医学部新設には「反対」(医療介護CBニュース)
【日本で働きたい インドネシア人看護師の挑戦】(上)のしかかる言葉の壁(産経新聞)
紆余曲折の「もんじゅ」をめぐる経過(産経新聞)
プロフィール

ミスターこうぞうやくわ

Author:ミスターこうぞうやくわ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。